哲学するイモリ

自意識過剰な大学生がジタバタします。音楽や映画が好きです。哲学はしません。Twitter @keinewt

デザートを食べながら泣いていた男女

飲食店のキッチンでアルバイトをしている。

その日は、キッチンから一番近いテーブルに2人組が座っていた。バースデープレート付きの予約だった。
冴えない感じの男性と小綺麗な女性だった。2人とも20代のようだ。カップルだろうか?不釣り合いだな、客席を覗いた僕は失礼にもそう思った。会話は少なく、かと言ってくつろいでいるようでもなかった。ほかの客と同じように酒を頼み、サラダから始まりメイン料理に至る。


「あの、バースデープレートを予約されてるテーブルで、男性の方が会計を頼んできたんですけど」と、 ホールの子が少し困ったように言った。ごまかして、済んだ皿を下げて戻ってきたという。
予約の際には、誕生日のお祝いで、「かおる」さん宛だと伝わっているらしかった。小綺麗な「かおる」さんの誕生日だというのに、男性はバースデープレートの存在を忘れてしまったのだろうか。それとも(かおるっていうのは中性的な名前だし)、男性が「かおる」で、バースデープレートの存在を知らないから会計を頼んだとか?

予約のメモには、
『BDプレート かおるさん
照明、音楽なし 花火あり』
とあった。

かおるさんがどちらなのかは分からない。予約を受けた誰かのミスだ。
このとき気になったのは、照明や音楽などの演出を拒否していることだ。通常 お祝いのプレートが出る時は照明を暗くし、バースデー用の音楽を流し、ほかのお客様にも拍手をさせるような雰囲気を作る。しかし、予約した、「かおる」じゃない方のひとは、わざわざ確認の上拒否したようである。
それにしても、かおるさんは?
帰る前にデザートプレートを出したいのだが?


5分後、社員さんはバニラアイスやチョコレートケーキ、オレンジやレモンを盛ったバースデープレートを完成させた。何かもう少し華やかに出来ないものかと僕は思った。
文字は『Happy Birthday かおる』
僕はアイスに棒のついた花火を刺し、点火して、ホールの子に渡した。彼女が少し緊張しながら運ぶのを後ろから見ていた。その2人組は、先程よりもさらに会話が少なくなっているように見える。
「お誕生日、おめでとうございます」
僕を含め店員たちは、いつものように拍手をぱらぱらとした。音楽はいつも通りの、ただの洋楽だった。拍手はほかのテーブルの話し声の中に紛れた。
2人組は、真顔でプレートを見ていた。


ホールの子がこちらに来た。
「どういうこと?? 結局どっちがかおるなの?なんで無反応なの?」
「さあね」分かるはずがなかった。


しばらくしてからそのテーブルを見ると、2人はデザートを食べていた。相変わらず無言で。
何かおかしいと思ったら、女性が泣いていることに気付いた。

なんで泣いているんだろう?
バースデープレートを食べながら泣くとは、なにかあったんだろうか。男性の方は、少し困ったような顔をしていた。
次の瞬間、あるストーリーが思い浮かんだ。



まず、2人はカップルじゃないのかもしれない。2人のどちらも、「かおる」じゃないのかもしれない。
思い込みを取り払ってみよう。
だとしたら、悲しそうに泣くようなバースデープレートってなんだろう?
「かおる」さんは、もういないんだ。僕はそう思った。

2人にも名前を与えたい。「さとし」と「あい」にする。3秒ほど顔を見て決めた。
「さとし」、「あい」、それから「かおる」は、高校の同級生だった。
さとしとかおるは、同じ部活だ。運動部。サッカーとか。それで、さとしとあいは中学の時から友達だ。自宅から少し遠いにも関わらず、高校も同じ。さらに奇遇なことに、3人は高1で同じクラスになった。それ以来 友好を深めた3人は一緒にいることが増えたはずだ。
もうこれは確実に、さとしはあいのことが気になっている。でもあいはモテるし、2人は友達でいる時間が長すぎた。さとしは来る日も来る日も外堀を埋め続けているばかりで、城を落とすのはいつになるのか、分からない。
そして、あいの方は、かおるが好きだ。間違いない。かおるは美形だ。肌が綺麗で、髪がさらさらしている。身長は175。その爽やかな外観は人気がある。
かおるは、彼女がいることが通常運転。でも、あいの気持ちは満更でもない。

甘酸っぱいまま、青春は崩れる。
かおるは、交通事故で亡くなった。全くドラマチックなことはなかった。当然ながら突然で、あっけない

さとしは部活を辞めたし、お喋りなあいは大人しくなった。

2人は、別々の大学に進学した。連絡は年に数回は取っていた。
就職もした。2人は、かおるのことを忘れないようにと、かおるの誕生日は毎年祝った。
さとしは、今年もあいを誘った。
さとしは、自分でも飽きれていたが、あいのことが頭から離れない。学生時代から、あいに会うためには、理由が必要だった。今、その理由にかおるを使うことは、やはり罪悪感があった。


――――バースデープレートが運ばれてきた。2人は、静かにそれを見つめた。拍手が耳障りだった。
さとしには、アイスに刺さった花火が、線香のようにも見えた。不謹慎だな俺は、と少し困り、笑えてしまった。火薬の匂いが鼻をくすぐる。
あいは、涙ぐんでいた。不意にスプーンを手に取り、食べ始めた。かおるはチョコレートが好きだったなと思い出した。テストで負けた時を除けば、2回しかあげられなかったな。毎年あげたかったな。涙はこぼれた。
その横顔を、さとしは黙って見ていた。




――――例の2人組が、退店した。僕は見送りに出るのはやめておいて、とんできたオーダーをやり続けた。
少ししてホールの子が来た。
「さっきの2人、やっぱり別れ話してたみたいですよ」

「ジョン・ウィック:チャプター2」鑑賞直後の感想!(ネタバレ)

はじめまして!伊森です。

2017年7月7日公開になりました、「ジョン・ウィック:チャプター2」を、さっそく観てきました。

暴力に次ぐ暴力!高効率で敵をなぎ倒すジョン!
もうね、善悪の対立とか葛藤とか哲学的な命題なんてないの。ひたすら自然災害のような最強主人公を見る映画。最高すぎる!

映画館からの帰り道で耐えきれずどっかに書きたい!となって今に至ります。家に着くまでの間に観終わった直後の熱を乗せた記事を完成させたいと思います!!

勢いに任せて、本編の流れに沿いながら書き上げたいと思います。よろしくお願いします!


以下ネタバレ。



本作が始まるのは、なんと前作のエンディング直後(数時間~数日のズレがあると思いますが細かいことは分からん)です。
オープニング、主人公のジョンは車の修理工場に登場します。目的は、「自分の車を返してもらうため」。前作の冒頭で自宅に侵入した強盗が奪った愛車を取り戻しに来たわけですね。ロシアンマフィアを壊滅させて終了かと思いきや、自分の持ち物を回収するところまでがひと仕事、というわけ。
工場長に話をつけて気ままにドライブして帰宅、とはいかないのがジョン・ウィック。修理工場と言ってもマフィアの拠点ですしね…… 工場に忍び込み、自分の車を見つけるまでに既に数人殺してます。自分の車を見つけた彼は当然運転して帰ろうとするわけですが、マフィアもそうはさせません。いきなりカーチェイス開幕。前作ではカーアクションは控えめでしたが、今回は初っ端からフルスロットル!車同士で体当たりするわ、人を轢き殺すわの大暴れ。既に怪我を負っている敵も執拗に追い回し車にぶつけてはね飛ばすジョン。後ろから追ってきたバイクを 開いた運転席のドアにぶつけて事故らせるジョン。当然そんなことをしてると、あちこちへこみ、フロントガラスは粉々、おまけにドアも外れているという廃車同然の状態に!!
いや、お前車取りに来たんだろ。壊してどうするんだよ。
それでも全く動じずその今にもエンストしそうな車を運転して帰宅するジョン。修理屋を呼びますが「時間がかかるぞこれは」と。そりゃそうだ。何人も轢いたもんね。
取ってつけたように、車のダッシュボードから今はなき妻の写真を取り出して愛おしそうに眺めるシーンがあるんですが、ああ、なるほどね、そりゃ車ボロボロにしてでも取り戻すよね、、とはならんわ!!!!

まぁ無事 車も取り戻したし、平穏な引退生活を送りたいジョンですが、そう簡単に引退できないのが殺し屋社会ってもんで……
イタリアンマフィアのサンティーノが訪ねてきて「血の誓い」とやらを盾にジョンに仕事を依頼(というかもはや脅迫)します。この誓印というやつは恩の貸し借りを拇印で可視化したようなもので、ファンデーションのようなケースに入っています。で、この約束は絶対だぞと。それでも拒否するジョンに、サンティーノは彼の家にバズーカ(!!!!!)を打ち込んで燃やします。いやマフィア怖。

家をなくして困り果てたジョンは殺し屋御用達のホテル、コンチネンタルへ。支配人のウィンストンに泣きつき止めてくれと言いますが、約束したなら仕方ないよ、約束は守れよジョン。ということでサンティーノに再び会い、仕事を受けます。依頼内容は、サンティーノの姉、ジアナの暗殺。現在「主席」という座にある姉がいなくなれば、その後継者はサンティーノになるそうな。また、主席連合とかいう殺し屋社会をまとめる?ような世界的な組織もあるらしく。「主席連合」という用語は初登場でこれ以後も特に説明なし。何やら殺し屋の社会も色々な仕組みがあるんですねぇ。

今回はこのジアナ暗殺がメインなのかなーと思うところですが、これが意外とあっさり終わる。ローマに飛んでジアナの式典に潜り込むジョン。ジアナの護衛たちも瞬く間に蹴散らされてて、味気ないほど。でもまあ、骨のある奴もいましてね。カシアンっていうんですが。こいつと市街で戦うんだけど、いよいよいい感じになってきたところでガラスをパリーンと突き破って2人が飛び込んでしまったのが偶然「コンチネンタル」という作りすぎな展開。コンチネンタルってヨーロッパにもあったんだ!知らんかった!謎にコンチネンタル イタリア店の支配人も出てきて、「君たち!やめろ!コンチネンタル内での殺しは禁止だぞ!」と言われてしぶしぶ大人しくなるジョンとカシアン。そう、コンチネンタルホテルの中では「仕事」をすることが禁じられていて、ルールに背くと追放処分にされてしまうんです。追放と言っても出禁とかいうレベルじゃなくて、前作ではコンチネンタルによって殺されてしまった殺し屋もいました。
「バーで1杯飲んでいったらどうかね。落ち着くよ」と支配人に促され バーカウンターに並んで座る2人。ジョンが「サンティーノに脅されてさー。仕方ないんだよ」と言い、カシアンは「大変だな。でもジアナ殺したのは許さんからな。次戦う時は殺すからな」と言って退出。なんだこの展開w 殺し屋に逃げるって選択肢はないから、決着つけずに一区切りつけるにはコンチネンタルにぶち込むしかないんですかね?
また、このバーではサンティーノの腹心の部下である女性、アレスも登場。手話を使って「あなたを殺すのはカシアンじゃなくて私よ」「次会った時が最後だと思え」などとやり合うんだけど、これキザ過ぎません?でもスッカリ殺し屋社会に魅せられてる観客はひたすらニヤニヤするばかり笑

ニューヨークに戻ったジョンを待ち受けていたのは、サンティーノによるサプライズ:「ジョンに700万ドルの懸賞金」!サンティーノの野郎、ジョンをはめやがった!ジアナ殺しの復讐を装った罠により、NY中の殺し屋から命を狙われることになるジョン。えらいこっちゃ。困り果てるジョン。
バイオリニストに扮した殺し屋がバイオリンに仕込んだ銃で撃ってきたり、相撲取り風の男が体当たりでガラスに突き飛ばしてパリーンとなったり(またガラス割るのかよ)、街を歩いてるだけなのに常に狙われるジョン様。
カシアンとアレスも追ってくるんだけど、当然勝つの。もう、ジョン助かるかな?無事逃げられるのかな?!っていうハラハラはない。ジョンが強すぎて。絶対死なないんです。カシアンとアレスについては、ナイフを刺しておきながら「抜いたら出血多量で死ぬぞ、このままにしておけ」とか「また会おう」と言って見逃すんですよね!なんで?!?!?!これまで徹底的にひとりひとり仕留めてきたジョンが、ここに来てまさかの見逃し!
ジョンなりの強敵に対する敬意なのかなぁ。
のちのち面倒なことになりそうですけどね。

単独でNY中の殺し屋と戦うジョンなんだけど、中には助けてくれる人もいて。地下鉄のホームレスに名を名乗って「匿え!」って言うとホームレスの荷物の中に隠して追っ手を片付けてくれたりして。そのホームレス殺し屋のボスは昔ジョンに見逃してもらった恩だとか言い出して。どんな繋がりと組織なのか分からないけど 殺し屋社会の広さを感じる。

なんやかんやで決戦はコンチネンタルホテル。
ラウンジで食事中のサンティーノ。
銃を突きつけるジョン。
制止する支配人ウィンストン。
「コンチネンタルホテルでの殺しは禁止」ってやつです。でもジョンは至って冷静にサンティーノを射殺!!なんで〜〜〜〜〜〜!?ジョン、お前殺されるよ?平穏な生活を送りたいだけって言ってたじゃん! もうほんと、怒ると歯止めが利かないんだから……

全焼した自宅に帰って妻の写真を眺めるジョンのもとへ、コンチネンタルの方が迎えに来ます。公園でウィンストンと面会。「残念だけど、そういう決まりだから」と追放処分を告げるウィンストンですが、彼の指示により殺処分は免れる模様。ウィンストンが公園内に合図すると、周囲の全ての人が動きを止めジョンを見つめるというサプライズを披露。コンチネンタルの力を見せつけながらも、「1時間猶予をやる」と告げ見逃します。ウィンストン、何だかんだでジョンになにか期待している感じがするなぁ。イタリアンマフィアによる懸賞金も倍増し、全世界を敵に回したジョンは「俺に近づく奴は必ず殺す。全員殺す。」と言い残し走り去るのでした。



以上です。
続編やる気たっぷりだな!興収もいいみたいだし期待ですね。今作では裏社会のシステム、そしてジョンが世界中から狙われる異端になるまでを描いたストーリーでしたが、相変わらず突飛でドラマティック過ぎる展開。次回作でどこまでまとめられるんだろう。

アクションに関しては本当に文句のつけようがないですね。ガンファイトは「ガン・フー」と呼ばれるジョンウィックシリーズ独特の動きが大活躍。曲がり角で戦うときに、1、まず敵の足を撃つ。2、悶絶する敵をヘッドショットで仕留める。というルーティンになっていて単調だという声もあり、確かにそうなんだけど、効率とリアルさを重視した動きにはかなり好感が持てます。いきなり飛び出して取っ組み合う映画とか多いけど、有り得ないもんね。ジョンウィックシリーズの有り得ないストーリーだからこそ、この現実味のあるアクションが活きる感じがする。
銃以外にも格闘やカーアクションだったり鉛筆でグサグサやったり、バリエーションが豊富になっていて飽きのこないアクションシーンばかりです。鉛筆はヒエーってなったね…… 耳……耳の穴が…… 全体的にエグいシーンもあるけど、血を出せばいいってもんじゃないんだよ!とばかりにスタイリッシュに魅せる技はさすが。


その他にツボだったのは、裏社会の面々がジョンに見せる態度。
スーツの仕立て屋は裏地を戦闘用にしますか?ってなにやら特殊素材勧めてくるし、「銃弾は通さないけれどメッチャ痛いよ」って言うし、実際ジョンは打たれて痛そうに呻くんですよ笑
ジョンが銃を調達するシーンなんかは、銃ソムリエみたいな人がジョンの好みを正確に捉える感じがたまらん。
またこういった人たちが、退店するジョンに「良い狩りを」とか「Enjoy your party」とか言う。お前らの感覚はどうなってるんだ笑 ウィンストンにしろ彼らにしろ、伝説の殺し屋ジョンになにか期待しているような風です。



裏社会のシステム、ジョンの今後の生活、ホームレス殺し屋のボスやカシアンやアレスといったこれからも登場しそうなキャラクターたち。次回作がどんなストーリーとアクションを見せてくれるのか、今から楽しみですね。